介護付と住宅型の違い|介護付有料老人ホームなどの介護施設を詳しくご紹介します!

介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームはサービスや入居条件が違う

介護付と住宅型の違い

介護施設

介護サービス

広島の介護付有料老人ホームでは介護スタッフと看護スタッフが常にいます。施設のスタッフが生活のサポートを始め介護サポートもしてくれるので、いつでも頼ることが出来ます。住宅型の場合は施設に介護スタッフがいるというより、入居者が外部の介護事業者と直接契約してスタッフを派遣してもらうなどして介護サービスを受けることが多いです。入居前からお世話になっているヘルパーさんを継続してお願いすることが出来るのは住宅型有料老人ホームのメリットでもあります。

入居条件

介護付有料老人ホームの場合は入居可能年齢が65歳から。住居型有料老人ホームは60歳以上を対象にしています。介護付は、入居者の身体状況に合わせて細分化されていることがあります。例えば介護を要しない方が入れる自立型、介護レベルが1以上の方が入る介護専用型、どちらも入居出来る混合型です。住宅型の場合は介護付に入居される方よりも比較的に健康な方が入られることが多いです。住宅型は介護サービスを前提にというより、介護は要しないけれど食事・掃除・洗濯と言った生活のサポートをすることをメインにしている施設が多いです。

広告募集中